genesis_logo_ok_w_1500.png
272147132_331301432208538_8612969789701418657_n.png

- With Iot Devices -

272147132_331301432208538_8612969789701418657_n.png
image3.png
image2.png

​ジュエリーを纏うようにヘッドホンを纏う

~ ​ヘッドホンは遂に芸術の領域へ ~

​『ヨーロッパの貴族社会とアーバンカルチャーの交差点。』

​そんな美しき背景を纏い、ヨーロッパの音楽市場で成功を収めてきたA&Mグループが、世界初のIoTヘッドホンを発表しました。ジョン・キャペック(TOTOやダイアナ・ロスの作曲家)やセフィ・カーメル(フィル・コリンズのキーボーディストで映画ETの作曲家)、そして90年代のエルトン・ジョンを支えたロンドンのドラマー:チャック・サボなど、伝説的なアーティスト達との共作と歴史を胸に、最先端の技術を用いた芸術的な作品を発表する場として、GENESISが生み出されました。

開発メンバーはドイツ、イギリス、日本から最優秀の人材が集められ、第一弾としてリスニング用ヘッドホン      - INFINITY - をIoTを駆使し2022年の初夏にリリースします。​美しく彩られたGENESISブルーと、栄光の歴史を象徴するGENESISのロゴを配したベゼル、そして特許申請の最先端のハイテクを駆使したソフトウェアを身に纏い、今後多くの製品がリリースされる中で、様々な表情を映し出して行くことでしょう。

​何と言っても市場からの注目度の高いIoTソフトウェア『EarEffect』は、特許を申請し今後も様々に追加されるGENESISの各製品において、中核的な役割を果たし、世界最高のノウハウから生み出された各プリセットは、これまで実現することのなかった最高性能を各ヘッドホン・イヤホンにもたらします。