top of page
  • Furuya Hirotoshi

ドイツSPL本社の公式ヘッドホンに採用されました。


開発責任者の古屋です。

いよいよ発売が開始されましたInfinityですが、早速海を渡りドイツSPL本社の刷新されたばかりのスタジオに置かれています。グループ会社で日本法人を運営するSPL社ですが、実際のところヨーロッパの中でも孤高の存在とされるSPL社とは、お世辞は一切抜きの付き合いです。音楽の本場ドイツで、しかもSPLでInfinityが早速に認められる形となりました。



SPLマーケティングマネージャー、サーシャ・フロッケンによるInfinityのレビューです。


『過去数年間、RAD-0(Rosson Audio Design)やDan Clarkのようなオープンバックの平面静磁ヘッドホンを聴いていることがほとんどなので、ダイナミックなクローズドバックヘッドホンのサウンドにはもう慣れていませんでしたが、Infiniyは非常に自然に聴くことができました。 焦点の合った低音域、きびきびとしたトランジェント(良い意味で)、ステレオステージの表現が本当に素晴らしいです。 「トレントモラー」を聴いて本当に楽しいと感じました。 また、クローズドの仕様は遮音性に優れており、街中で使用するにも最適と言えます。』

閲覧数:205回0件のコメント

最新記事

すべて表示

開発責任者の古屋です。 再三に渡りまして延期してまいりましたEarEffectのリリースでございますが、本日10月31日時点にて、ソフト自体は完成しております。一気にリリースまで持ち込みたいと考えておりましたが、次世代型のソフト故に、新たなアイディアが満載のため、さらなる特許申請が必要と判断いたしました。この申請に1週間強必要というところでして、大変お恥ずかしながらしばしのお時間を頂戴できればと存

皆様こんにちは。プロダクトマネージャーの加瀬でございます。 本日はAndroid版EarEffectアプリにつきまして、開発状況の進捗のご報告とリリース日についてご案内をさせて頂きます。 開発状況でございますが、現在サウンドエンジンの最終調整作業に入っている状況で、モバイルデバイス上で使用する折に最適化されるように進めております。ハイクオリティなサウンドエンジンを実現する折に、やはりデバイスから求

皆様こんにちは。プロダクトマネージャーの加瀬でございます。 本日は表題にもございますが、弊社が開発を行なっているサウンドチューニングアプリ"EarEffect"のリリース日についてのご案内をさせて頂きます。 当初、2022年8月中にiOSおよびAndroid版のリリースを予定と公表させて頂いておりまして、現在殆どの開発が完了している状況にございますが、アプリケーションの中枢部とも言えるサウンドエン

bottom of page