• Furuya Hirotoshi

Eareffectの開発スケジュールについて


開発責任者の古屋です。

多くの注目を頂いているEarEffectですが、当初から考えられていたスマートフォン向けという以上の案が出てまいりまして、WindowsやVSTプラグイン対応をさせて行くということが次々に社内で検討されてまいりました。

これに伴いまして、プラットフォームの共通化やプログラミングの都合により、2022年6月に登場予定とされていましたスケジュールを、Windows版が2022年7月、Android版が2022年8月、そしてVSTプラグインを2022年9月へとリスケジュールさせて頂きたく存じます。またiOS版に対してのソフトも順次リリース予定です(リリース時期が確定後に発表いたします)。

価格は従来より800円としておりましたが、全てのバンドルを含め1アカウントとし、月額800円にてご提供させて頂きます。これはグローバル戦略により、実現できる額面を日本の皆様へもご提供できる仕組みになります。

開発に1カ月ほどの遅れが出ますことを謝罪いたしますと共に、今まで以上の着想でソフトウェアを昇華させてまいりますので、何卒ご理解のほど頂戴できますと幸いです。

宜しくお願い致します。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

開発責任者の古屋です。 EarEffectのリリースが、2022年6月予定から遅れておりまして申し訳ありません。スウェーデンとドイツのチームも合わせまして、メンバー共々一気に開発を進めておりますが、市場の皆様からのお声も併せまして、検討材料も増えてまいりました。 先ず、Windowsよりも先に、Android版をリリースすべきというお声を多数頂戴することとなり、人的リソースをスマートフォン向けアプ